口腔外科

口腔外科診療内容

  • インプラント治療
  • 顎関節症治療
  • 重症の歯周病治療
  • 親知らず、埋伏歯(歯茎に埋もれている歯)の抜歯治療
  • 歯が原因の蓄膿症
  • 口内の嚢胞(のうほう)

など

顎関節症の治療

顎関節症とは
顎関節症とは
顎関節症とは、顎の関節やその周辺の食いしばり、歯ぎしりをしたりして負担がかかることで関節や筋肉に痛みが出たり、動きにくくなる病気です。柔らかいものを食べることが増えた現在、歯並びが悪くなったり、ストレスのかかりやすい環境は、顎関節症になりやすく、現代病とも言えます。
顎関節症の症状

顎関節症の症状には下記のようなものがあります。

  • 食べ物を噛む時に痛みや異常がある
  • 口を動かすと顎関節に痛みがある
  • 口を開けたり閉じたりする時に顎関節で音がする
  • 口が左右に上手く動かない
  • 口の開閉がスムーズにいかない

このような症状がある場合、顎関節症の疑いがありますので、早めに歯科医院を受診することをおすすめします。

当院の顎関節症の治療
顎関節症の治療

顎関節症は早期治療が大切です。当院では、まずは顎のオリジナルマッサージを行います。マッサージを行うと口がスムーズに開くようになります。また、日常生活における行動や癖など生活習慣の改善も指導します。多くの方がこの治療で良くなりますが、良くならない場合はマウスピースを装着します。

歯ぎしりの種類、肩こりや頭痛などを併発しているかによって、マウスピースの種類を変えます。マウスピースにはさまざまな装着方法や素材がありますので、患者さん一人ひとりの症状に合わせて作製します。

マウスピースを装着している間は症状の改善が見られますが、外しているとまた症状が出てきてしまう方もいます。そのような場合は、噛みあわせそのものを変える必要が出てきます。矯正して歯並びを整えたり、被せ物をしたりします。

このように顎関節症の治療には症状によってステップがありますので、患者さんの状態を見極めながら、適切な治療をご提供します。

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯について

「親知らずは抜いた方がいいですか」という質問をよく受けます。また、「抜いてください」という方も多いです。

当院では、親知らずの抜歯に関しては患者さんのご希望を優先しています。親知らずの歯磨きが不十分で歯肉に炎症が起き、腫れて痛みが出、薬を飲むことを繰り返している方もいらっしゃいますが、当院では、「抜いてほしい」というご希望があるまで基本的には抜きません。

親知らず自体にひどいむし歯がある場合などは抜いた方がいいケースもありますので、まずは一度ご相談ください。

歯茎治療

インプラント治療の前に、本当に歯を抜く必要があるかを慎重に判断します。

インプラントとは歯茎に人工の土台を埋め込み、その上に人工の歯をはめることで、自分の歯と同様の噛み心地を再現できる義歯治療です。最近ではよく行われている治療ではありますが、保険適応外で高額な治療です。 抜歯をせずに、ご自身の歯を長く使っていただけるように、当院では歯茎の特殊治療を行っております。

歯の寿命を延ばす歯茎治療

もともと歯がない箇所がある場合を除いて、インプラント治療は抜歯治療とセットに考えられることがほとんどです。抜歯をする前に考えなくてはいけないのが、本当に抜歯をする必要があるのかどうかということです。

むし歯が大きくなりすぎると、むし歯が歯茎の中に潜ってしまい、被せ物を維持できなくなってしまいます。抜歯の理由はむし歯の悪化が多く、むし歯の治療をしている方の中には、「今回はギリギリ歯を残すことができたけど、次に被せ物が外れたら抜歯かもしれません。」などと言われたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、歯茎を下げて整形する特殊な処置を行うことで、被せ物をきちんと維持できる環境を作ることができます。

この処置は、歯石を取ったあとで、歯周ポケットが改善しない場合に歯周ポケットをなくすことができるので、歯周病の治療にもなります。

インプラント治療は自費治療のため高額ですし、抜歯すると歯は元に戻りません。当院でのインプラント治療は合計約400,000円(税別)です。この処置は、その10分の1の40,000円(税別)で行うことができます。ご自身の歯を長く使いたい方はご相談ください。

歯を失ってしまった方への治療(インプラント治療)

インプラント治療は選択肢の1つです。
インプラント治療は選択肢の1つです。

当院ではインプラント治療は、歯を失ってしまった時の選択肢の1つであると考えています。インプラント治療は必ずしも適切な方法ではない時もあります。患者さんが「何を選択するか」が大切であると考えています。

きど歯科では、インプラント治療の前に、歯を失った後にはどのような選択肢があるのかをまず患者さんに知っていただくことから始めます。

①ブリッジ

両隣の歯を削って3本分を2本で支える方法

メリット
  • 自然な感覚で噛むことができる。
  • 取り外しの手間がない。
  • 範囲が小さければ長持ちしやすい。
デメリット
  • 健康な歯を犠牲にする。
  • 見た目の制限がある。(奥歯では銀歯になる可能性あり)
  • 歯を削ってしまうので、再治療の可能性もある。
  • きちんと噛みあわせの調整ができないと早く歯をダメにしてしまう。
②入れ歯

残っている歯に安定させるバネを引っ掛ける方法

メリット
  • 取り外して目で見てしっかり清掃できる。(ブリッジ・インプラントに比べて清潔)
  • 歯を削ったりする犠牲がほぼない
  • 噛みあわせをしっかり調整すれば、残っている歯に負担をかけにくい。
デメリット
  • 取り外しが手間。
  • デザインによっては見た目が気になる。(金属のバネ)
  • 空気が漏れる。
  • 噛みにくい。(天然の歯の半分以下の力しか入らない)
③インプラント

骨の中に人工の根っこを埋めて残っている歯の負担を減らす方法

メリット
  • 両隣の歯を削ることがない
  • 歯を失った後に骨が目減りしにくくなる
  • 自分の歯のように噛める。
  • 見た目がいい。
デメリット
  • 自由診療なので、高額になる。
  • 治療期間が長期になりやすい。

※状況にもよりますが、治療期間は6ヶ月ほどかかります。

※検査の結果次第で、骨や歯茎を増やす追加の手術が必要になる場合もあります。

以上の各種治療法をご説明した上で、患者さんに選択していただきます。

選択のポイントは、残っている歯を触りたくないかどうか、しっかりと噛みたいかどうかです。

患者さんそれぞれにご希望があり、押さえたいポイントは違うと思います。

当院はメリット、デメリットをしっかりとご説明させていただきますので、納得していただいた上で選択していただけると思います。

インプラント治療のリスク

インプラント治療のリスク

インプラント治療は外科治療ですので、神経や血管を損傷したり、副鼻腔炎に感染したりするリスクがあります。どのような治療にもリスクは存在しますが、適切な検査・診断を行えば、そのようなリスクは低下させることができます。

治療のリスクが低下するように、当院ではCTなどの精密検査もしっかりと行い、安全にも配慮しています。

また、難しい症例においては、インプラント専門医に当院に来ていただき、治療を行ってもらうなどの取り組みもしています。

当院では、治療前にリスクも含めて、わかりやすくご説明させていただき、患者さんに納得していただいた上で治療を受けていただきます。

インプラント治療の流れ

  • 1カウンセリング

    患者さんのお悩みをしっかりと伺います。どこまでしっかりと噛みたいのかカウンセリングで確認させていただきます。当院では、ブリッジ、入れ歯と比較した上で、インプラントを選択される方に治療をご提案します。

  • 2術前検査

    口腔内検査、口腔内写真の撮影、レントゲン検査、CT検査を行います。噛みあわせのチェックなども同時に行います。

  • 3治療計画のご説明

    検査結果を踏まえて、治療計画を立て、患者さんに丁寧にご説明し、納得していただいた上で治療を開始します。

  • 4前処置

    外科治療の前に歯周病検査を行い、必要であれば歯周病治療を行います。前後の歯が割れて膿んでいる場合は感染を引き起こす原因となりますので、そちらの治療を先に行い、口腔内の環境を整えてから外科治療に移ります。

  • 5一次手術

    局所麻酔をした上でインプラント埋入手術を行います。

  • 6インプラントと骨の安定化

    インプラントと骨がしっかりと結合するまで約4ヶ月ほど待ちます。待機期間中は、手術した箇所には仮歯を入れます。

  • 7二次手術

    一次手術において歯肉で覆っていたインプラントを貫通させます。同時に、歯肉を安定させる処置も行います。

  • 8仮歯(人工歯)の歯型取り・作製・装着

    二次手術で歯肉が安定したら、歯型を取り、仮歯(人工歯)を作製します。咬合などと調整し、装着します。

治療後のメンテナンスについて

治療後のメンテナンスとして2ヶ月に1回通院していただきます。ご不安などありましたら、1ヶ月に1回のご来院をおすすめしております。

メンテナンスでは、インプラントの使い心地などを伺い、噛みあわせなどのチェックを行います。インプラントの土台が揺らいでいないかなどをレントゲン検査で確認します。レントゲンにより、顎骨の状態なども知ることができます。

ご自宅では、歯ブラシに加えてフロスなどを使用し、天然歯と同様に歯間の歯磨きも行ってください。正しい歯磨き指導も行っていますので、お気軽にご相談ください。

料金

歯茎治療
歯茎治療 1本/40,000円
失った骨を再生する治療 70,000円

※税別価格

インプラント治療
インプラント治療 1本/400,000円
検査代 30,000円

※税別価格

お問い合わせはこちら
  • 診療時間 日・祝
    9:00~13:00
    14:30~18:00
  • 休診日 木曜 / 日曜 / 祝日

    ▲ 14:00~17:00

    ※初診最終受付は午前12:00 / 午後16:30(土曜午後は16:00まで)

  • 0566-95-2360 0566-95-2360
  • WEB予約はこちら
  • メールお問い合わせ