小児歯科

小児歯科

きど歯科では、お子さんの治療にもカウンセリングを行っています。
小児歯科

以前の歯医者で怖い思いをした、むし歯予防で通っていたけど結局むし歯になってしまったなど、さまざまなお悩みを解決できるように、まずはお話を伺っております。

「歯医者は何歳から通えばいいですか?」とよく質問を受けます。1本でも歯が生えたらむし歯や歯周病のリスクが発生しますので、診させていただければと思います。

まずは、歯医者に通い慣れていただくことが大事です。万が一むし歯になってしまった時に、いざ治療しようにも治療に不慣れで上手くできない時もあります。普段から通い慣れていれば治療に入りやすいので、いい結果が出やすいと考えます。

お子さんに対して顕微鏡検査を無料で行っています。お子さんのお口の中にいるばい菌を動画で見ていただき、さらにこのばい菌が親御さんから受け継がれたものであるということを親御さんも交えてお話しします。

今後、妊娠をお考えの場合は、生まれる前から(マイナス1歳からの予防)お子さんのために親御さんのみでなく、子育てに参加する方々がお口のばい菌を減らしていく必要があると考えています。まずは検査だけでも受けてみてはいかがでしょうか?

きど歯科の治療コンセプト
① 子どものペースを大事に

基本的には親御さんとお子さんの希望を総合して治療計画を立てます。治療を受けるのはお子さん自身ですので、状況を見極めて治療内容を決めます。初回は、次回に向けての心の準備をするための日としています。初めから痛みがあった場合は治療しなければいけませんが、怖がっているお子さんに無理強いはしません。治療が上手くできるように、国家資格をもつ歯科衛生士が二人三脚でサポートします。

② 痛みへの配慮

むし歯の治療は、無痛で行うことはできません。当院では治療時間をわかりやすくしています。あと〇秒で終わるよー。などと声かけをしながら行います。どうしても痛みがある場合は麻酔をしっかり効かせて治療します。

③ 見て安心

治療内容を理解してもらうために治療で使用する道具をしっかり見てもらいます。見たり触ったりすれば、安心してくれるお子さんが多いためです。

④ 治療のステップ

治療にはいくつかのステージがあります。お子さんが、上手く治療に適応していくためには、簡単な治療から馴染んでいく必要があります。当院には治療プログラムがありますので、今まで上手く治療ができなかったお子さんでも馴染みやすくなっています。

お子さんが安心して治療を受けるために取り組んでいること

お子さんが安心して治療を受けるために取り組んでいること

お子さんが何のために歯医者に来ているかを理解することが大切だと考えています。4歳以上のお子さんはきちんとコミュニケーションを取ることで、歯医者に通う目的を理解することができます。

当院では、お子さんとの信頼関係を築くことで、安心して治療を受けていただけるよう取り組んでいます。また、一緒にご来院される親御さんにも治療内容などをしっかりとご説明し、ご理解していただいた上で治療を開始します。

歯科医師と親御さんの二人三脚で、お子さんが安心して治療が受けることができるよう、サポートしていきたいと考えています。

仕上げ磨きのポイント

仕上げ磨きのポイント

仕上げ磨きは、小学4年生まで行うことをおすすめしています。それは、身体能力が4年生くらいまでは歯磨きができないとされているからです。

仕上げ磨きは、歯ブラシを歯に真っ直ぐあて、軽い力で小刻みに動かすことがポイントです。また1ヶ所につき10回以上磨きましょう。奥歯や上の前歯、親御さまの利き手の犬歯など磨きにくい部分には特に注意してください。
毎食後の仕上げ磨きができない場合は、夕食後か寝る前の仕上げ磨きを習慣付けましょう。

また、ライトの下のある明るい場所でお子さんを寝転がせて行いましょう。フッ素やキシリトールが入った歯磨き粉を使用し、歯と歯の間はフロスを使いましょう。

仕上げ磨き続けるためには、親子関係が大切になります。お子さんが一人で磨いている時でも、声を掛けてあげましょう。

お問い合わせはこちら
  • 診療時間 日・祝
    9:00~13:00
    14:30~18:00
  • 休診日 木曜 / 日曜 / 祝日

    ▲ 14:00~17:00

    ※初診最終受付は午前12:00 / 午後17:00(土曜午後は16:00まで)

  • 0566-95-2360 0566-95-2360
  • WEB予約はこちら
  • メールお問い合わせ